低出力レーザーの医療分野での活用など

このサイトは、「レーザーでの育毛に関心がある人」 や 「頭髪が気になりだした人」 へ、
● レーザーでの育毛に関すること    や   ● レーザーでの育毛効果をアップする方法  や
● 今話題の家庭用レーザー育毛ブラシ  などを、簡単に紹介しています。

低出力レーザー(ローレベルレーザー:LLLT)の医療分野での研究など

海外(アメリカ、ロシア、ヨーロッパなど)では低出力レーザーが物理学的、生態学的に人体に与える影響(治療の有効性)について、薄毛・育毛分野(国際毛髪学会など)も含めて広い範囲の病気に対するメスを使わない先進医療として学会で多くの研究発表がされているということですが、日本では高出力レーザー(レーザーメス、永久脱毛など)は一般的になりつつあるものの低出力レーザーの研究については後進国と言っても良いほど遅れているようです。

 

しかし、日本でも近年やっと打撲、捻挫、関節炎、腰痛などの血行促進、痛み・炎症の軽減などから心身症、更年期障害、アトピー性皮膚炎、老人性痴呆症などの低出力レーザー治療研究も進み始めているようですが、それでも薄毛・育毛分野に関しての低出力レーザーの研究はほとんど全く行われていないようで、先進国と言われる国の中で(自由診療制度の遅れもあり)日本だけが置いてきぼりのような状態となってしまっているようです。

 

薄毛・脱毛治療の研究が進んでいる海外(アメリカ、ロシア、ヨーロッパなど)の医療(研究)機関での薄毛・脱毛治療については、プロペシアなどの副作用のある薬に比べて副作用がほとんどなく男女ともに一定の効果が認められると言われている低出力レーザー治療が最先端の治療と位置づけられているようです。

 

一方、日本では海外と異なり自由診療制度(健康保険適用外の先進医療)が進んでいないこともあり、いまだに健康保険が適用になるプロペシアなどの薬剤中心の治療で、それ以外の研究は全く進んでいない状況のようですが、今後、日本でも薄毛に悩む多くの男性・女性のために、この分野の研究が少なくとも海外並みに進展することを願います。

 

海外で低出力レーザー研究が進んでいる国においても、低出力レーザー治療は、まだ発展途中段階(全ての周波数と、その照射時間における効果の解明には、まだまだ研究と実験が必要。)とのことで、薄毛・育毛関係も含めた様々な病気の治療について今後の更なる研究とともに確立された先進医療になっていくと期待されているようです。

頭皮への低出力レーザー(ローレベルレーザー:LLLT)について

低出力レーザーの頭皮への影響(効果)については、まだ研究の発展段階で全てが解明されたわけではありませんが、低出力レーザーのある一定の周波数は、頭皮の奥まで影響して毛包組織(毛包:髪の元となる毛根を生成し、髪を抜けないように維持する。)を再生して炎症を治癒できるといわれています。

 

低出力レーザーの波長は、その照射により細胞組織が正常に活動するために必要なタンパク質をつくる元となるアデノシン3リン酸(ATP)が増えることで、照射した部分の細胞の活動を活発にするようです。

 

低出力レーザーの照射により、血流改善作用と細胞代謝の活発化が可能であると推定され、それにより衰弱した毛包を健全な状態へ導く役割をしているようです。

 

また、血流が改善することで毛包に必要な栄養を供給できるようになる一方で、毛髪の大敵であるDHT(ジヒドロテストステロン:男性ホルモンの一つであるテストステロンが体内の酵素によって変化したもので、毛乳頭などの細胞に結合すると、抜け毛を促すと言われています。この物質を受け入れる受容体を遺伝子として多く持つ人がagaです。)などの老廃物を除去してくれると考えられています。